キリンの名前が決定!

栃木県宇都宮市の「宇都宮公園」が販売した「メスのキリン」の命名権が、100万円という高額で落札され、キリンの名前が「はるか」に決定しました。「これから春になっていく季節」に生まれたことにちなんで、名づけられました。

この収益は、お父さんキリンの「ハツカ」の健康維持のために使われます。「ハツカ」は人間に換算すると80歳を超えるおじいちゃんで、体力維持・健康促進のための新しいエサの購入、施設の改善費などに充てられるとのことです。

▼参考URL:キリンの赤ちゃんの名前決定

落札者は同県内に住むご夫婦

命名権を落札したのは、栃木県に住むご夫婦です。

応募は49件あり、その中で100万円を超える落札者は4名いましたが、金額だけではなく、命名への思いの強さなども考慮し、このご夫婦へと命名権が販売されることになりました。

落札したご夫婦は、「お父さんキリンのために使ってください」と、喜びの声をあげています。

動物の命名権販売は日本初

「日本動物園水族館協会」によると、「動物の命名権の販売は聞いたことがない」とのことです。

募集記事

栃木県宇都宮市の「宇都宮公園」の「メスのキリン」について、ネーミングライツパートナーを1万円以上で募集中!(2020年3月22日(日)〆切)

おすすめの記事