募集情報参照日

2019年4月24日

対象施設

青梅市徳島市川内町旭野池先の小松海水浴場です。

施設の概要については下記に案内されています。

参考URL:https://www.city.tokushima.tokushima.jp/smph/shisei/koho_kocho/koho_ad/naming_rights/bosyu_naming_rights.html

CONCEPT

徳島市所有施設に親しみやすい愛称を付与し、市民の親近感が増すことで、施設利用の促進を図り、自主財源の確保を目指す。

募集条件

詳細の条件などについては、実際の案内をご確認ください。

  • 希望価格:年額20万円以上(消費税・地方消費税は別途負担)
  • 申請書の受付期間:平成31年4月26日夕方5時まで(必着)
  • 契約期間:ネーミング・ライツ期間開始日から4年を経過した直後の3月31日まで
  • ネーミング・ライツ開始日:契約締結日から概ね1月以内で、詳細はパートナー企業と協議の上、決定されます。
  • 応募資格:次の1)から4)の全てに該当する法人が応募できます。
  • 1)徳島市民間広告事業実施要綱に基づく次に掲げる業種、業者に該当しないこと
     ア.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号) の規制を受けるもの
     イ.消費者金融に係るもの
     ウ.賭博・ギャンブルに係るもの
     エ.法律に定めのない医療類似行為に係るもの
     オ.法律、法律に基づく命令、条例、規則等に違反したもの
     カ.本市の指名停止措置等を受けているもの
     キ.その他広告主として適当でないと市長が定めるもの

    2)県内に活動拠点を持って事業を行っている法人であること

    3)市税(法人市民税、固定資産税)に滞納がないこと

    4)暴力団または暴力団員若しくは暴力団員と密接な関係を有すると認めるに足りる相当の理由がないこと

ネーミング・ライツ制度の導入までの流れ

1)ネーミング・ライツパートナー企業の公募
2)選定委員会の開催によりパートナー企業候補の選定
3)候補となった企業と詳細な協議後、契約を締結
4)徳島市ホームページおよび広報誌等に愛称、パートナー企業を公表
5)パートナー企業による看板の整備、施設命名権料の納付により愛称の使用開始

※年度(4月1日~翌年3月31日まで)の途中からネーミング・ライツを開始する場合の開始年度の金額は、決定した金額(年額)を月割または日割により計算した額となります。
※既存名称サインの撤去、愛称サインへの変更、愛称サインの新設、期間終了 時等の原状回復にかかる費用、パンフレット等の記載変更にかかる費用パートナー企業の負担となります。

概要

徳島市では、本市施設のサービス向上、施設利用の促進および長期的に安定した財政基盤を確立するため、ネーミング・ライツ制度(施設命名権の売却)のパートナーとなる企業を募集しています。

パートナー企業は、「小松海水浴場」の言葉が含まれる愛称を情報発信媒体において取組状況を紹介し、徳島市は、施設利用者に積極的に愛称の利用を呼びかけ、愛称を分かりやすく表示して定着させます。

出典情報

https://www.city.tokushima.tokushima.jp/smph/shisei/koho_kocho/koho_ad/naming_rights/bosyu_naming_rights.html
https://www.city.tokushima.tokushima.jp/shisei/koho_kocho/koho_ad/naming_rights/bosyu_naming_rights.files/youkou_komatsu.pdf

おすすめの記事